エースコンバット7のキャンペーン ストーリー の謎に迫る 07(不審な懲罰部隊の活用)

エースコンバット7のキャンペーン ストーリー の謎に迫る 07(不審な懲罰部隊の活用)

エースコンバット7のストーリーの謎に迫るシリーズ07です。今回は懲罰部隊の不審な出撃です。独断と妄想で深読みでお送りします。※なお、記事は当該ミッションをプレイした時点で入手できている情報に基づいて書きますので、コメントにもご注意くださればありがたいです。

キャンペーン ストーリー07 この懲罰部隊の扱いは??

ブリーフィングの謎

今回取り上げるミッション07は、ストーリームービーはなく、いきなりマッキンゼイの演説ブリーフィングから始まります。

 

諸君らのような犯罪者を有効に利用した功績により、小官は勲功を賜った


予想だにしない戦果を上げた懲罰部隊

そう、前回のロカロハへの出撃では、おそらく誰もが予想していなかった目覚ましい戦果を上げた懲罰部隊だ。囮であった懲罰部隊が、正規軍の登場を待たず敵戦力を殲滅してしまったのだ。って、ほぼトリガーの戦果なのだが。
当然、この結果に軍部では懲罰部隊に注目する者も出てきたのだろう。


マッキンゼイの演説は続く

一方で、諸君らの中に命令に違背する者があれば独房が待っている。それを忘れないことだ
不満を述べる自由すら、諸君らは囚人となる身を選んだときに自ら捨て去ったのだ

さて、諸君らの有効利用だ
エルジア領内への強行偵察を実施中のオーシア空軍所属部隊がある
だが、事情により帰還ルートが変更されることになった
新しい帰還ルート上にあるインシー渓谷は、風光明媚なカルスト地形の奇岩地帯だが、そこの山肌に隠れるように点在する敵のレーダー施設及び対空兵器が脅威となっている
諸君らの任務は、自らの危険をかえりみることなく、それらを破壊し、この部隊を無事帰還させることだ

ただし、攻撃を察知した敵の迎撃機と交戦する可能性も十分ある、そのことも忘れずに、まともに飛べる機体を選べ

あいにく天候は最悪だが、出撃を拒む理由にはならない
くりかえすが、諸君らの帰還は重要ではない
強行偵察部隊を無事帰還させることが任務であり、服役囚の期待される罪の償いなのだ

 

あれれ?

いや、これはおかしな話だ。ロカロハでの戦果が評価されたのかもしれないが、重要な軍事機密情報をもって帰還する部隊の援護を任されるとは。そんな任務は信頼できる正規軍がやるべき事ではないのか?なぜそんな重要な任務をわざわざ統率もない懲罰部隊に任せるのだ。

つまり、こうだ
今回の強行偵察は軍の中でも一部の者しか知らないよほどの機密作戦だったのではないだろうか。オーシア軍内部に不穏な動きがあることを察知している将校(表オーシア軍)が、彼らに秘密裡に実行したことに違いない。だから今回の偵察目的の機密が漏れるようなことを行いたくないので、ロカロハで活躍した員数外の懲罰部隊を秘密裡に活用しようということになったのである。

 

キャンペーンストーリー ミッション07 First Contact「無慈悲な摂理」

[ OPERATION NAME ] Tow Pairs(前回は One Pair だったぞ、一役アップ)
[ DATE/TIME ] 2019/7/12 15:03
[ AREA ] Yinshi Valley
敵レーダー施設及び対空兵器を破壊せよ。

博打屋のハイローラーは前回のミッションで撃墜ロストとなり、今回は8機編成での出撃だ

<主要登場人物>

444懲罰部隊
Spare 2 カウント(詐欺師)
Spare 6 フルバンド(情報屋)
Spare 8 チャンプ(筋肉馬鹿)
Spare 11 タブロイド(自称政治犯)
Spare 15 トリガー(ハーリング殺し疑惑)
Spare隊 ALLY x3

強行偵察部隊
Cyclops 1 Wiseman サイクロプス隊ワイズマン
Cyclops 4 Huxian サイクロプス隊フーシェン
Strider 3 Jaeger ストライダー隊イエーガー
全7機編成


Sol 1 ミスターX = ミハイ
Sol 2
Sol 3 シーモア

それでは今回も彼らの通信をピックアップしていこう

AWACS バンドッグ
<<スペア隊、急を要するミッションだ>>
<<雷雲まで近づいているとのことだ、運がないなお前ら>>

Spare 8 チャンプ(筋肉馬鹿)
<<おい、この作戦を立案したのは、どこの大馬鹿野郎だ?>>

Cyclops 1 Wiseman ワイズマン
<<第444航空基地飛行隊、こちらサイクロプス1>>
<<サイクロプスとストライダーの2小隊で現在7機>>
<<我々の編隊もまもなくその空域に到着する>>
<<我々は予定外の戦闘で兵装を損耗し、敵への対応が難しい>>
<<生還できるかは貴君らしだいだ>>
むっちゃ頼られてるー

AWACS バンドッグ
<<サイクロプス1、こちらバンドッグ、予定時間までには終わらせる>>
って、バンドッグには自信がるんかーい

Cyclops 1 ワイズマン
<<バンドッグか、いい名だ、では頼んだぞ、番犬どの>>

Spare 2 カウント
<<正規軍の隠密偵察機だと?エルジアの奥地だと?>>

Spare 6 フルバンド
<<遺跡を調べてるとかいう話だ。それ以上はつかめなかった>>

Spare 11 タブロイド
<<さすが早いな、秘密兵器でもあるんじゃないのか?>>

Spare 6 フルバンド
<<情報の壁があるんだよ>>

AWACS バンドッグ
<<私語は慎め>>

 

遺跡、、、秘密兵器、、、、、、、、!
ストーンヘンジ?!サンサルバシオン?
バンドッグって、ひょっとしたら一枚噛んでる?

 

そう思って、もう一度ブリーフィングの画面を見ると

こっ、この航路の一番左のポイントは、、、、

これは、エースコンバット04、ミッション12のストーンヘンジの位置を示すMAPだ。

ビンゴか?!
でも、このことは良い子のみんなは内緒だよ!軍の悪い人に漏らしちゃ絶対駄目なんだからね!

 

AWACS バンドッグ
<<目標すべて破壊、オールグリーン>>

Strider 3 Jaeger イエーガー
<<警戒!敵機インバウンド!UAVが出てきたぞ!>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<ラインを踏んだか>>

来たな
迎撃は彼らに任せよう
(って信頼されてる?)
帰りも抜け道を使えれば良かったのだが
(サブタンクパージ)

そううまくはいかないさ

 

AWACS バンドッグ
<<無人機が偵察部隊に食いついた>>
<<偵察部隊は対空兵装を持っていない、ほっておけばやられるぞ>>
<<444全機、絶対に彼らを生還させろ、1機たりとも墜とさせてはならん>>
<<UAVを撃墜しろ>>

Spare 2 カウント
<<無理に決まってる!>>

Spare 8 チャンプ
<<誰だか知らんやつのために、あんな中を飛べっていうのか!>>

AWACS バンドッグ
<<スペア15が雷雲を突破した、よくやった、この大馬鹿野郎>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<いいそ、この調子で残りの6機も救出してくれ>>

Cyclops 4 Huxian フーシェン
<<狙われてる?上等だ>>

Strider 3 Jaeger イエーガー
<<こっちは9Gに耐えてるってのに、UAVは疲れしらずだ>>

Spare 2 カウント
<<なんで他人の尻拭いに命かけなきゃならん!>>

AWACS バンドッグ
<<自分の人生の尻拭いができるようになってから文句を言え>>

Spare 2 カウント
<<くそ!>>

Strider 3 イエーガー
<<ワイズマン、444飛行隊の護衛機が見えた!すまんがこのチャンスに離脱する>>

AWACS バンドッグ
<<臆病者ども、もっと敵に近づけ!>>

Spare 8 チャンプ
<<やってられるか!>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<いいぞ、希望が見えてきた、護衛機の中に腕のいいやつがいるようだ>>

Strider 3 イエーガー
<<1機まともなのがいる、みんな彼に助けられているな>>

Spare 11 タブロイド
<<トリガー以外は自分の命を守るだけで精いっぱいだ>>

Strider 4
<<444飛行隊ってのは何者なんだ?みんなバラバラにとんでやがる>>

Cyclops 4 フーシェン
<<フォーメーションも何もないな>>

(おっしゃる通り、統率もなにもあったもんじゃないわ。頭取りたがりのカウントはこういう時は役立たずだしな)

Cyclops 1 ワイズマン
<<サイクロプス3が被弾した>>

Cyclops 3
<<こちらサイクロプス3、444がまだ1機いる!近い>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<よしこれで部下はすべて逃げられた、礼を言う>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<護衛機の姿が見えたぞ!本当に1機で来たんだな>>

Spare 2 カウント
<<UAVが上に逃げた、追うぞ>>
(あれ、ちょっとはやる気みせてるのか?)

AWACS バンドッグ
<<サイクロプス1が離脱する>>
<<おそらく自分だけならいつでも離脱できたんだろう>>
<<スペア15 周辺のUAVの全機撃墜を確認した>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<いいフォローだ助かった>>
<<彼は・・・誰なんだ、彼に感謝を伝えてくれ>>

AWACS バンドッグ
<<サイクロプス1、了解した>>
<<スペア隊、任務は終了した、RTB>>

<<・・・いや待て>>
<<スペア8!チャンプ!、ボギーが後方より急速接近!>>
<<近くの機はスペア8を掩護せよ!>>
(ボギー:敵機だと思われる未確認飛行機)

Spare 8 チャンプ
<<助けなどいるか!返り討ちにしてやる>>

<<くそっ>>
がっちり後ろに付かれた
まだ撃ってこねえ!
くそ、ビビってなんかねえぞ!

スペア8!ドッグファイトは禁止だ!

ネガティブ!カモられて黙ってられるか!

うをぉぉぉぉぉ!

(いや、そんなとこに回り込めんて普通、、、てこの人普通じゃないか)

もっと早く落とせたのでは?
理解したいのだよ、敵を

Spare 6 フルバンド
<<チャンプが墜とされた!しかも・・・遊ばれてたぞ!>>

AWACS バンドッグ
<<スペア10ロスト!さらにもう一機!>>
<<偵察部隊機も1機やられた>>

<<何者なんだ、こいつは、機体はSu-30>>
<<全スペア機、サイクロプスとストライダーの生き残りを護衛しろ、敵機から守るんだ>>

<<怪物の相手をしろスペア15!お前がやらなければ味方の被害が止まらん!>>

Spare Squadron
<<任務終了って言ったじゃねえか、俺は帰るぜ!>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<一部444の機がアウトバウンドしている、どういうことか?>>

Cyclops 4 フーシェン
<<見捨てる気だ、くそったれ!>>

AWACS バンドッグ
<<スペア15、スペア11、エレメントを組んでしんがりに入れ>>

Spare 11タブロイド
<<無理だ>>

AWACS バンドッグ
<<化物の相手はトリガーだ、お前は護衛機を引きつけろ>>

Spare 6 フルバンド
<<タブロイドもこれまでか>>

Spare 11 タブロイド
<<くそっ!>>
<<わかった、それでいく>>

Sol 1
<<ソル2、ソル3、しんがりは2機だ、腕のよい方を私がやる>>

Sol 2
<<了解ですキング>>

Sol 1
<<やめてくれ、その呼び方は>>

Sol 2
<<ソル1、応答を、状況を伝えてください>>

Sol 1
<<状況か、そうだな、少し心が躍るよ>>
(わくわくしてる?)

Sol 1
<<ミサイル命中>>

Sol 2
<<墜ちましたか?>>

Sol 1
<<いや、致命傷にはならないよう機体をコントロールしている>>
<<あとでやり方をお前たちにも教えよう>>

Strider 3 イエーガー
<<ワイズマン、あのカラー、そしてこの腕前・・・>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<ああ間違いない、ミスターXだ>>

Strider 3 イエーガー
<<実験部隊のXプレーン乗りか>>

なに、サイクロプス・ワイズマンもストライダー・イエーガーも、ミハイの事を知っており、ミスターXと呼んでいる。
実験部隊、実験部隊?
オーシア軍(の一部)はEASA実験基地の事を掴んでいるのか!
Xプレーン乗り?なんだ、また新たな戦闘機なのか?

Cyclops 4 フーシェン
<<ワイズマン、こいつとやりあうのはまずい!>>
<<飛び方を見りゃわかる、こいつはあたしじゃ太刀打ちできない>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<ああ、1番会いたくない相手だ>>
<<イエーガー、最悪俺たちが盾になるぞ、部下を逃がすんだ>>

Strider 3 イエーガー
<<了解した>>

Sol 1
<<ソル1よりソル2>>

Sol 2
<<こちらソル2、どうしました?>>

Sol 1
<<ミサイルがはずれた、当てるつもりだったんだがな>>
<<(ウォーニング、ウォーニング、ウォーニング)>>
(飛行機の限界を超えている)

Cyclops 4 フーシェン
<<あのオレンジ色を相手に、たった2機か?>>
(なんと、タブロイドもちゃんとフォローしているのか)

Strider 3 イエーガー
<<いや、ミスターXと戦ってるのは1機だ>>

Cyclops 4 フーシェン
<<無理だ>>
<<少なくともあたしじゃ1分ともたねえ>>

Sol 1
<<またかわされた、おもしろい>>
<<白い3本の線、何か意味があるのか>>
(完全に楽しんでいる)

Strider 3 イエーガー
<<フーシェン、交戦は禁止、近づいてきたらとにかく逃げろ>>

Cyclops 4 フーシェン
<<了解、初めからそのつもりだ>>

 


Sol 1
<<ミサイル命中、案外早く終わりそうだ>>

Spare 11 タブロイド
<<隙があると狙ってきやがる、なんてやつだ>>

Sol 3
<<ソル1雲の中ではそちらの様子が把握できない>>

Sol 1
<<シーモア、自分の仕事をするのだ>>
<<(オーバーG、オーバーG、オーバーG)>>
<<(ウォーニング、ウォーニング、ウォーニング)>>

AWACS バンドッグ
<<機体を万全に保て!いまはわずかなミスが命取りになる>>

Sol 2
<<ソル1、こちらソル2>>

Sol 1
<<こちらは大丈夫だ、手出し無用>>

Sol 2
<<ソル1、雷雲が大きくなっています、帰投しましょう>>

Sol1
<<・・・・了解した>>

 

AWACS バンドッグ
<<敵機は撤退していく、どうにか生き残ったな>>

Spare 2 カウント
<<トリガーお人よしは早死にするぜ>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<番犬殿、しんがりを務め抜いたパイロット、どういうやつなんだ?>>

AWACS バンドッグ
<<うちで1番の大馬鹿野郎だ>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<なるほどな、馬鹿でなければああは飛べん>>

AWACS バンドッグ
<<第444航空基地へ誘導する、燃料が持たないだろう>>

Cyclops 1 ワイズマン
<<感謝する、基地で彼に会えるか?>>

AWACS バンドッグ
<<関わらないことだ>>

 

エイブリルムービー

帰ってきた連中が
敵にすげえのが現れたといっている
そいつは恐ろしく、無理も無駄もなく近づいてきて
防空戦闘ではそこそこやってのけてた連中が何人か呆気なく食われたらしい

前にじいちゃんに聞いた話を思い出す
じいちゃんが現役だった終わりの頃にもそういう敵が現れて
見る見る目の前で編隊が全滅していったという

フカのいる海に投げ出されて漂流する男たちみたいに
水面下から近づいてきて、気がついたときには遅い
足を咥えられて水の中深く次々と
今回の敵もそうう奴だったという。


にしちゃ帰ってきた数が多いじゃないか
よその部隊の編隊がそんなときに食われてるのを、こいつらは見捨てて帰ってきたんだ

いや、なんてことだ、2、3機多い
よその機体が混ざってる

デブリーフィング

護衛対象が撃墜され、にも関わらず貴様らは帰還した
独房へ行き、そこで自分たちの価値を天秤にかけ直せ
全員連れて行け

・・・・そうか、生き残ったパイロットがこの基地に着陸していると
よし、出来るだけ丁重に看護してやれ、食事も十分に
彼らの報告が好意的なものとなるよう丸め込まなくてはな

私自身がうんざりなのだ
懲罰部隊指揮官などという立場には
(いや、きっとあんたは重要な役回りだと思うがなw
出撃の度に帰ってきたパイロットを独房に放り込んでおけば、そりゃ機密は保ちやすいしな)

キャンペーン ストーリー07の謎まとめ

極秘任務への懲罰部隊の活用、これはオーシア軍でも内部の不審な者たちに感づいた一部将校たちの独断的な作戦であったに違いない。

正規軍とは言えぬ懲罰部隊を利用することで、秘密裡に極秘情報を持ち帰らそうとしたのだ。先のロカロハで予想外の活躍をしたし、幸い隔離された懲罰部隊なら、軍内部に情報が広がることは無いだろうと判断したものだ。

つまり、サイクロプス隊とストライダー隊は、表オーシア軍の信頼厚い隊ということにもなる。

だから、これも極秘情報と言える、エルジアのEASA実験部隊のミハイ(名前までは掴んでいなくて、”ミスターX”と呼んでいるが)の事を知っていたのだ。
しかし、”Xプレーン乗り”とは、、、何か新たな戦闘機開発の事を掴んでいるらしい。

ということは、ここに来て表オーシア軍もかなりエルジアの内情を掴んでいるということだ。

もう一つ気になるのは、どうもAWACS バンドッグがこの表オーシア軍派ではないかと思える節がある。前回までいい加減な感じで振る舞っていたにしては、今回かなり必死さが出ていた。そもそも貴重なAWACS機を懲罰部隊みたいなところに割り当てていることこそ、なにかの思惑をもって懲罰部隊を置いているに違いない。このAWACS機はなんらかの裏操作をして員数外で極秘に懲罰部隊に割り当てたものだろう。

そう考えると、エイブリルとトリガーの懲罰部隊送りの件も、密かに仕組まれたものであったかもしれない。

 

ってことで、まったなー

ではでは(^^)/~~

 

+4
 

 

ストーリーの謎に迫るカテゴリの最新記事